お口の健康づくりに取り組む草加市青柳の歯医者

ご予約
お問い合わせ
  • 0120-26-4618
  • 無料メール相談
WEB初診予約
当院が選ばれる7つの理由/05
予防を軸とした治療
*

ご自身の歯をいつまでも
健康に保つためには

*
80歳で20本以上も
健康な歯を残すことは難しい?
「年を取ったら歯は悪くなって当たり前だ」と思っている方は多いのではないでしょうか?
悲しいですが、現状の日本ではその通りです。 厚生労働省の調べによると、80歳の方の平均残存歯数はたったの6.8本しかありません。通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、全体の約4分の1しか残ってないのです。
しかし欧米諸国の残存歯数と比較してみると、アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の残存歯数となっており、圧倒的に日本が少ないことがわかります。
なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?
定期検診を受ける割合と
80歳の残存歯数
*

日本で「歯を失う方」
多い理由とは?

*
「悪くなってから」通うから
「悪くなる前に」通う習慣へ
他の国と比べて平均残存歯数が少ない要因の一つとして、日本の保険制度が挙げられます。歯科治療において「悪いところを削ってつめる」ことしか保険として認められず、そのため「歯に痛みが出たから歯医者へ行く」という認識が広まってしまったのです。
歯医者自体も削ってつめる治療ばかりを優先してしまい、歯を長持ちさせる治療や効果的な予防方を患者様にお伝えしませんでした。これが欧米諸国との間に大きな差がついてしまった最大の原因です。
草加市青柳の歯医者 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックでは虫歯がなくても、2~3カ月に一度の歯科医院での定期検診を推奨しています。「治す」から「守る」ことを最優先に歯科医院へ通う習慣をつけましょう。

虫歯や歯周病を未然に防いで健康な口元へ

*
お口の健康管理で
心と体への健康につなげる
55~74歳の男女1000人を対象にしたアンケート「後悔していることトップ20」では、1位に「歯の定期検診」が入るほど日頃からの予防が重要だと感じる方が多いようです。
実際、歯周病が糖尿病や認知症などの全身疾患を引き起こすことが近年明らかになり、お口の健康予防は体の疾患予防にもつながると言えます。
何も治療を施していない天然の歯1本の価値は、簡単には価値がつけられないほど大切なものです。定期的なメインテナンスを歯科医院で受ければ、再治療はもちろん虫歯や歯周病を未然に防ぎ、大切な歯を守ることができるのです。
*
一人ひとりに最適な
オーダーメイドの予防プログラム
草加市青柳のタケノコ歯科・矯正歯科クリニックは、歯の定期検診に力をいれている歯科医院です。小さなお子様からお年寄りの方そして妊産婦の方まで、それぞれのライフステージや生活習慣に最適な予防プログラムをご提案します。
虫歯治療を行えば痛みからは解放されますが、「その歯を虫歯になる前の状態に戻せた」というわけでは決してありません。治療後もしっかり予防に取り組めなければ2次的に虫歯に犯されるリスクと隣り合わせになるのです。
一生涯快適に食事をし、楽しく笑い、心身共に健康に過ごすためには、虫歯・歯周病に負けないお口の健康づくりが大切です。皆様が歯科に対する不安をそのまま持ち越さず、納得できるメインテナンス&治療ライフを送っていただきたいと思っております。お気軽にご相談ください。