虫歯の予防・検診:0歳からの虫歯予防

幼児期(0〜5歳)

幼児期は乳歯が生えそろう大切な時期です。この時期の前半を「感染の窓」と言い、むし歯菌がお口の中で定着する時期です。この時期の感染を防ぎ、正しい食習慣を身につけると将来もむし歯になりにくいと言われています。そのためのサポートをします。

  • はみがきスコアのチェック
  • 適切なおやつの食べさせ方
  • 周りの大人が気をつけること
  • 生えたて乳歯の歯磨きの方法
  • イヤイヤ期のはみがきの方法
  • 歯の茶色い汚れについて
  • よい歯並びを作る習慣
  • 歯並びの早期治療

小学生(6〜12歳)

乳歯と永久歯が生え変わる時期です。一生残る永久歯を作るためには、この時期の歯磨きの習慣と食生活が重要です。お子さんが自分で歯を守ることができるようになるサポートをしています。

  • はみがきスコアのチェック
  • PMTC
  • 第一大臼歯(6歳臼歯)をむし歯から守る
  • むし歯菌を取り除くことのできるはみがき
  • 仕上げ磨きはいつまで?
  • 歯磨き粉の使い方
  • むし歯になりにくい食習慣
  • 将来入れ歯になる歯はこの時期にむし歯になっている!?
  • フッ素を定期的に塗っているから大丈夫!?
  • 生えてきた永久歯が大きい、向きが悪い、生え変わりがうまくいかない

中高生(13〜18歳)

思春期はホルモンバランスの乱れや生活習慣の変化から、歯肉炎やむし歯が急増する時期です。放置すると、若年性の歯周病や神経を抜くむし歯の治療になりかねません。痛みがなくても適切な口腔ケアを心がけましょう。

  • はみがきスコアのチェック
  • PMTC
  • 塾通い、部活動の忙しい子ほどトラブルが多い!?
  • 思春期性の歯肉炎って?
  • スポーツドリンクは歯に悪い?
  • これって親知らず?
  • 歯がしみるのはむし歯だけじゃない
  • 顎が痛い

成人予防歯科

成人期は、約8割の人がかかると言われている歯周病。この歯周病を治す一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療計画を、歯科医師と歯科衛生士で立てています。確実に再発のない、長期の通院を必要としない健康な状態になるサポートをしています。

妊産婦、乳児(マタニティー、マイナス1歳)予防歯科

ママと生まれてくる赤ちゃんのための予防歯科です。妊娠中はお口の中のトラブルが起きやすくなります。大切な赤ちゃんをお腹の中で育てている間にできるママと赤ちゃんの予防法をお伝えします。歯の母親学級として、出産前にぜひ検診にいらしてください。

  • 妊娠中に起こるお口のトラブル
  • 生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はいません
  • 赤ちゃんのはみがき(乳時期、歯が生えたら、1歳が過ぎたら)
  • 妊娠中に赤ちゃんにカルシウムが取られる?
  • 妊婦の歯周病が早産に関係する
  • ママにむし歯が多いと、赤ちゃんもむし歯のリスクが高くなります

投稿日:2017年12月26日 更新日:

どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

お電話でもメールでもお気軽にお問い合わせください

治療に関する不安からご要望まで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください。 電話でのお問い合わせは ...

続きを見る

Copyright© 草加市の歯医者 まつの歯科医院|痛くない優しい美しい歯医者へ , 2018 All Rights Reserved.