お口や歯にまつわる事をお知らせします

ご予約
お問い合わせ
  • 0120-26-4618
  • 無料メール相談
WEB初診予約

フッ素は虫歯予防に効果がある?

  • 歯のまめ知識

市販の歯磨き粉の多くには「フッ素」が配合されています。歯科医院でも虫歯予防のためにフッ素塗布を強く推奨していますが、そもそもどういったメカニズムで予防に寄与するのかわかりにくいですよね。そこで今回は、フッ素の虫歯予防効果についてわかりやすく解説します。

▼そもそもフッ素とは?

フッ素というのは、何か特別な物質のように思われがちですが、実際は皆さんが毎日口にしている食品にも含まれています。例えば、わかめやエビ、イワシといった魚介類には、フッ素が豊富に含まれていることで有名です。つまり、フッ素が身体に入ったとしても、ただちに深刻な害が及ぶようなこともありませんのでご安心ください。

▼フッ素は歯の再石灰化を促します

フッ素には、歯の再石灰化を促す作用が期待できます。私たちの歯は、酸性の刺激を受けると、歯が溶ける脱灰現象を起こるのですが、それを修復する作用が再石灰化です。かんたんに言いかえると、溶けた歯を修理する効果がフッ素には期待できるのです。

▼歯を強くする効果も期待できます

実は、フッ素には歯の再石灰化を促進する作用に加え、歯質を強くする効果も期待できます。再石灰化現象が起こる際、近くにフッ素があると「フルオロアパタイト」と呼ばれる物質が作られ、歯質の強化に寄与します。フルオロアパタイトは、歯の基本成分である「ハイドロキシアパタイト」よりも酸に対する抵抗力が高いため、歯質の強化につながります。

▼フッ素の活用方法

虫歯予防にフッ素を活用する場合は、フッ素入り歯磨き粉の使用や歯科医院でのフッ素塗布以外にも、フッ化物配合のうがい薬を使用する方法もあります。適切な方法でフッ素を活用する限りは健康被害が生じることもありませんので、積極的にいろいろな方法を試してみましょう。

▼まとめ

このように、フッ素は虫歯予防に効果があります。虫歯を効率良く予防したい方は、日々のオーラルケアにフッ素を活用していきましょう。

BLOG一覧へ