お口や歯にまつわる事をお知らせします

ご予約
お問い合わせ
  • 0120-26-4618
  • 無料メール相談
WEB初診予約

歯周病ではなぜ歯茎から出血する?

  • 歯のまめ知識
  • 治療について

歯周病にかかると、「歯茎が赤く腫れる」以外にも「歯茎から出血する」といった症状が認められます。お口の中が出血するというのは、とても大事のように感じますが、どういった理由からこのような症状が現れるのか気になりますよね。ここではそんな歯周病で歯茎から出血する理由をわかりやすく解説します。

▼歯周病は歯茎に細菌感染が起こる病気

歯周病は、一種の細菌感染症です。P.g菌に代表される歯周病菌が歯茎に感染することで発症する病気です。そのため、歯茎には炎症反応が起こり、赤く腫れ上がるようになります。腫れた粘膜には、たくさんの水分が集まっていて、ちょっとした刺激を受けるだけでも、傷つくようになっているのです。

▼ブラッシングによる刺激で歯茎が出血する

歯周病の人の歯茎から出血が認められるのは、歯磨きの時です。歯ブラシによる刺激で歯茎が傷つき、出血を招きます。お口のたまった水を洗面所に吐きだすと、赤く染まっているのがわかるので、比較的気付きやすい症状といえます。

▼出血していても歯磨きは行いましょう

歯茎からの出血が認められると、できるだけ刺激しないよう、ブラッシングを控えてしまう人がいますが、それは逆効果になるため要注意です。ブラッシングが疎かになり、歯茎の周りに磨き残しが蓄積してしまうからです。その結果、歯周病が進行し、歯茎からの出血も深刻化します。

▼歯茎からの出血を改善する方法

歯周病による歯茎からの出血は、歯周病治療を受けなければ改善できません。歯茎の腫れや出血が認められた時点で、歯科を受診しましょう。歯科ではクリーニングやスケーリング、ブラッシング指導などを行うことで歯周病の症状を抑えていきます。重症化させてしまうと、歯周外科治療でなければ治せなくなるため、十分注意しましょう。

▼まとめ

このように、歯茎から出血した場合は、歯周病が疑われます。もちろん、全身の病気の症状として歯茎の出血が認められることもありますが、まずは歯科を受診して歯周病検査を受けましょう。

BLOG一覧へ