歯のお悩みなら草加市のタケノコ歯科・矯正歯科クリニック

ご予約
お問い合わせ
  • 0120-26-4618
  • 無料メール相談
WEB初診予約

親知らずのトラブル

親知らずは、生え方によって歯のトラブルに繋がる場合があります。
お困りの方は草加市の歯医者 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックまで相談にお越しください。

そもそも親知らずとは?

*
親知らずとは、20歳前後に生えてくる永久歯で、専門的には智歯(ちし)と呼ばれています。正常に生えるためのスペースが不足しがちで、斜めや真横、半分埋まったような生え方をしているケースも珍しくありません。その結果、清掃性が低下し、虫歯や歯周病のリスクが上昇するのです。

親知らずは必ず
抜かないといけない?

親知らずは、トラブルを起こしやすい歯ではありますが、必ず抜かなければならないというわけではありません。以下に挙げるようなケースでは、親知らずの保存に努めた方が患者さまにとってメリットが大きいといえます。

抜かなくても良い
親知らずの条件

*
・真っすぐ正常に生えている
・虫歯や歯周病にかかっていない
・周囲の歯や歯茎に悪影響を与えていない
・将来、ブリッジの支台歯として活用できる
・矯正治療に利用できる

親知らずも立派な天然歯のひとつなので、大きな問題を抱えていなければ、抜かずに残した方が良いです。

抜いた方が良い
親知らずの条件

*
・異常な生え方をしていて清掃性が低い
・重度の虫歯や歯周病にかかっている
・隣の歯を圧迫している
・歯並びやかみ合わせを乱している

このような症状が認められる場合は、抜いた方が良いといえます。

親知らずが
虫歯になった時の治療法

親知らずが虫歯になった場合、比較的軽度であれば虫歯治療を行うことがあります。通常の治療と同様、虫歯菌に感染している歯質を削り、コンポジットレジンを充填します。とくに、真っすぐ正常に生えていたり、将来、ブリッジや矯正に活用したりすることが可能な親知らずは、積極的に虫歯治療を行います。

一方、重症度の高い虫歯では、始めから抜歯を行うケースが多いといえます。時間をかけて虫歯治療を行っても、再発するリスクが高いからです。また、周囲の組織に与える悪影響も考慮すると、早期に抜いてしまった方が予後も良くなります。

親知らずの抜歯について

抜歯はその日に完了する?

親知らずの抜歯処置は、その日のうちに完了します。親知らずの生え方によっても異なりますが、数分から数十分で抜歯が完了します。ただ、事前に精密な検査を行って、どのように抜くのか検討したり、縫合した部位の抜糸が必要になったりするなど、数回の通院が必要となることもあります。

親知らずの抜歯は痛い?

親知らずの抜歯に伴う痛みには、個人差があります。抜きやすい親知らずであれば、痛みを感じることもほとんどありません。根っこが曲がっているようなケースでは、歯冠や歯根を分割する処置なども加わるため、患者さまへの負担は比較的大きくなります。ただ、抜歯をする際には必ず麻酔を施すことから、強い痛みを感じることはないといえます。

抜歯後の注意点

親知らずの抜歯をした直後は、安静に過ごすようにしましょう。激しい運動や飲酒、熱い湯船に浸かるなどの行為は、傷口の治りを遅らせます。場合によっては、出血が止まらなくなったり、縫合した傷口が開いたりします。

患部を刺激しないよう、食事の仕方や内容にも気を配る必要があります。麻酔が切れた後に強い痛みが生じている場合は、処方された痛み止めを飲んでください。顎が腫れるかどうかも個人差がありますので、適宜、処方薬を服用するなど対応しましょう。抜歯後の痛みや腫れは、1~3日程度で落ち着いてきます。

抜歯の費用について

痛みなどの症状が出ている親知らずの治療は、基本的に保険が適用されます。草加市の歯医者 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックでは、検査や処置の内容によって費用も少し変動しますが、3割負担で3,000~10,000円程度です。