経験豊富な歯科医師が担当するインプラント治療

ご予約
お問い合わせ
  • 0120-26-4618
  • 無料メール相談
WEB初診予約
インプラントMEDICAL
他の歯に負担をかけずに
失った歯を補う治療
なくなった歯を補う方法はいくつかありますが、そのなかでも「インプラント」は
タケノコ歯科・矯正歯科クリニックが心からオススメする治療法の一つです。
天然の歯のような見た目や噛み心地を回復させることができます。

インプラントを
オススメする理由

*
インプラント治療とは
なくした歯を補う治療として、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3種類があります。従来は部分的に歯を失ってしまった場合の治療法は「入れ歯」「ブリッジ」を採用することがほとんどでした。しかしこの二つは隣り合った健康な歯を削ったり、負荷をかけてしまうという欠点がありました。
インプラント治療は顎の骨に生体親和性が高いチタンでできたインプラント体を埋め込み、アバットメント(土台)と人工歯を取り付ける治療法で、見た目や噛み心地も本物の歯に近づけることができます。また、「入れ歯」「ブリッジ」の治療の欠点を補うことができるため、多くの方から支持をいただくようになってきました。しかし患者様の健康状態やご要望によっては、入れ歯やブリッジの方が適している場合もあります。無理にインプラントをお勧めすることはありませんので、まずは一度ご相談ください。

ブリッジ・入れ歯・
インプラントの比較

  • *

    Bridge

    隣の歯に負担をかけてしまう「ブリッジ」
    失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして橋をかけます。橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、違和感なく、美味しく食べることができます。
    しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。まず、ブリッジの場合、支える歯の周囲を削ってかぶせものをするので、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。また、お手入れが悪いと削った境目から虫歯になって、その歯もまた悪くなってしまうことになります。
    次に、両隣の歯で支えますので、一番、奥の歯が抜けてしまうと支える歯がなくなってしまい、ブリッジをかけることができなくなってしまいます。さらに、ブリッジも両隣の歯で支えますので、この支えている歯に負担がかかってしまい、支えにしていた歯を失ってしまうこともあります。
  • *

    Dentures

    違和感が大きい「入れ歯」
    入れ歯は人工の異物ですので、補う歯の本数が大きくなるほど、口の中に違和感が出てきます。口の中は繊細に出来ています。例えば、髪の毛1本でも、咬んで違和感があります。それが総入れ歯になると、女性の握り拳位あるものを口の中に入れるのですから、違和感がないわけないのです。特に、入れ歯を支えるための床のような部分のある入れ歯になると、食べ物の味や熱さを感じにくくなってしまいます。
    入れ歯の場合、ブリッジのように固定式ではなく、取り外し式なので、キレイにするために毎日、手入れをしなくてはなりません。これが手間であるだけでなく、「他の人に見られると恥ずかしい」ということになります。また、総入れ歯に近づくにつれて、食べ物がはさまる、痛いなどの理由により、咬むという重要な行為をすることが難しくなる場合があります。総入れ歯になると、たとえ咬むことができたとしても、自分の歯よりも咬む力が弱くなります。そうすると、固いものなどを食べることが難しくなってきます。
  • *

    Implant

    ブリッジと入れ歯のデメリットをなくした
    「インプラント」
    インプラントというのは、人口のチタンでできたネジのようなものを歯の根っこの代わりとして顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するというものです。
    インプラントのメリットはブリッジと入れ歯の欠点がないことです。天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません。
    さらに、インプラントは顎の骨の中に植わってますので、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になるのです。そして、脳への刺激も強くなりますので、これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。
  • インプラント

    *
    メリット
    • ご自身の歯のように快適に噛める
    • 天然の歯のような自然な見た目
    • 周りの歯に負担をかけない
    • 残っているご自身の歯を削る必要がない
    デメリット
    • 保険が適用されないので費用がかかる
    • インプラント埋入手術が必要になる
  • 入れ歯

    *
    メリット
    • 保険診療のものなら費用が抑えられる
    • 比較的短期間で治療が終わる
    • 自費診療の場合は素材次第で天然の歯のような自然な見た目にできる
    デメリット
    • 硬いものが噛みづらいことがある
    • 装着時の違和感がおおきい
    • 食べ物が挟まりやすく、虫歯のリスクが高くなる
    • 保険診療の部分入れ歯などは、場所によって金属の金具が目立ってしまう
  • ブリッジ

    *
    メリット
    • しっかり固定されるので違和感が少ない
    • 治療期間が短い
    • 保険診療のものなら費用が抑えられる
    • 自費診療の場合は素材次第で天然の歯のような自然な見た目にできる
    デメリット
    • 周りの健康な歯を大きく削る必要がある
    • 支えになる歯の負担が大きい
    • 隙間に食べ物が挟まりやすく、虫歯のリスクが高くなる
    • 残っている歯が少ない場合は適用できない
PLUS

インプラント治療について

自信を持っておすすめできます
失った歯の周りの歯を守る
治療法
私は必ずしもインプラントがパーフェクトな治療方法であるとは思っていません。あくまでも天然歯の代替物で、天然歯に勝るものは無いと思っています。しかしながら現状においては、なくなってしまった歯を補う治療方としては、他の歯を守るという意味で、悪循環にはまり込まなくてすむ、適切な治療方法である事には間違いないと思っています。私が、また私の家族が歯を失った場合、私は間違いなくインプラント治療を選択するでしょう。
実際、私の母親には、十数年前にインプラント治療を施し、今でも十分機能しています。このように、インプラント治療の最大のメリットは、なくなった歯を補うために、他の歯を傷つけずに済むということです。私は幸いな事に失ってしまった歯はないので、インプラントを入れてはいませんが、今後もし失うような事があれば、インプラントを入れます。

当院のインプラント治療の
特徴

  • *
    いろいろな症例に対応できる
    高い信頼性のあるインプラントメーカーを採用
    あまり知られていませんが、インプラントと言っても様々な種類(メーカー)があります。もし使用しているインプラントメーカーが無くなってしまったらアフターケアが受けられなくなってしまうため、信頼できるインプラントメーカーを選ぶことは非常に大切です。
    タケノコ歯科・矯正歯科クリニックでは数あるインプラントメーカーの中で、開発から製造までを一貫して日本国内で行っているジーシーインプラントを採用しています。いろいろな症例に対応できるよう、多様な種類の製品を開発しており、口腔内が狭い方にも適したインプラント治療を行うことができます。
  • *
    安全に手術を行うためのシミュレーションや
    診査・カウンセリングを徹底
    インプラント治療は神経や血管などが通っている顎の骨にインプラント体を埋め込む外科手術が必要になります。当院ではオペ中のトラブルやインプラント埋入後の合併症を防ぐために、治療前の診査で歯科用CTの撮影を行っています。撮影した画像はSIMPLANTという解析ソフトに読み込ませることで手術のシミュレーションができます。また、患者様が不安な気持ちのまま手術に挑むことがないよう、専門スタッフによる十分なカウンセリングも実施しています。ご不安な点や疑問点など、些細なことでも是非ご相談ください。
  • *
    インプラント治療後のメインテナンスでアフターケア
    インプラントも定期的にケアをしなければ、天然歯の歯槽膿漏と同様に、インプラント周囲炎を起こしてしまいます。そのようにならないようにするには、熟練した歯科衛生士による定期的なクリーニングが必須です。当院では当院での勤務期間十年以上の歯科衛生士により、担当制でケアを行っているため安心してメインテナンスを受けていただけます。

    予防歯科

  • *
    手術の痛みだけではなく、不安感や緊張感にも配慮しています
    手術の際には局所麻酔を充分にかけてから処置を行うため、痛みはほとんど感じることがありません。また、なるべく不安感や緊張感を取り除けるように、事前のカウンセリングでしっかりお話をうかがうようにしています。もしどうしても不安で恐怖感の強い患者様には、局所麻酔の他に麻酔科医による静脈内鎮静法を行うことができますので、お気軽にご相談ください(別途費用)。

    痛みに配慮した治療

  • *
    経験豊富な歯科医師による治療
    当院の理事長は、インプラントを1995年〜行なっており、非常に多くの症例を経験しています。そのため様々な症例に対応可能ですので安心してお任せいただけます。

    スタッフ紹介

インプラント治療の流れ

  • 1

    *
    カウンセリング
    草加市青柳の歯医者 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックでは、インプラント治療を始める前に問診・カウンセリングで、患者様が治療に対して不安に思っている点や疑問に思っていること、インプラント治療でどのような回復を望まれているかなど丁寧に伺っていきます。
  • 1

    *
    精密な検査
    インプラント治療を安全に進めるためには精密な検査が必要です。歯科用CTやレントゲンの撮影を始め、口腔内・顎の骨の状態の確認、血液検査などでお身体全体の状態も詳細に把握していきます。検査の結果によりインプラント治療が適さない場合は他の適切な治療法をご提案いたします。
  • 1

    *
    検査結果から治療プランをご提案
    検査結果やカウンセリングで伺った内容から、患者様に適した治療プランをご提案します。インプラントの種類や本数、かかる費用や治療期間など詳細にご説明し、患者様にご理解・ご納得いただいてから治療を進めていきます。わからない点や不安な点、疑問に思うことなど、些細なことでもお気軽にご質問ください。
  • 1

    *
    手術を安全に行うための前処置
    インプラント埋入手術を安全に行うために、お口の状態を整えます。事前の検査で虫歯や歯周病が見つかった場合は先に治療を行い、歯石とりやクリーニングでお口の中を清潔にしていきます。また、インプラントを埋め込むための骨が足りない場合は骨の再生治療を行います。
  • 1

    *
    インプラント埋入手術
    歯科用CTで撮影した画像を用いてシムプラントで手術のシミュレーションをしっかり行い、適切な埋入位置をしっかり確認してからインプラント体を顎の骨に埋め込む手術を行います。手術はおおよそ1〜2時間で終了し、翌日以降から普段と変わらない生活を送っていただけます。
    *

    患者様のお口やお身体の状態によって、手術を2回に分ける「2回法」で行うこともあります。1回目の手術でインプラント体を埋め込み、治癒期間を設けて骨としっかり結合するのを待ちます。その後二次手術でインプラントを埋入した箇所を再度切開し、アバットメントという土台を取り付けていきます。

  • 1

    治癒期間
    埋め込んだインプラントと顎の骨をしっかり結合させるために、上部構造の人工歯を取り付ける前に治癒期間を設けます。患者様の年齢、お身体の状態や体質、インプラントを埋め込んだ位置や本数によって期間は変動しますが、平均2〜6ヶ月程度になります。治癒期間中は通常通りの生活を送っていただけます。また、仮歯を利用することもできますのでご希望の方はお申し付けください。
  • 1

    *
    上部構造の製作
    インプラントが埋め込んだ部分の顎の骨としっかり結合したのが確認できたら、歯の代わりとなる上部構造(人工歯)を作るために型取りを行います。型を取ってからは1〜2週間ほどで上部構造が出来上がります。出来上がった上部構造を装着したら、噛み合わせを見ながら調整していきます。
  • 1

    *
    メインテナンス
    インプラントは自信を持っておすすめできる治療方法ですが、メインテナンスを怠るとインプラント歯周炎になる可能性があります。患者様の残っている歯やインプラントを守り、快適な生活を送っていただくためにも、毎日のご自宅での歯磨きや歯科医院での定期検診に通っていただき、健康で清潔なお口を維持していきましょう。