精密なよく噛める入れ歯が作れる草加市の歯医者

ご予約
お問い合わせ
  • 0120-26-4618
  • 無料メール相談
WEB初診予約
入れ歯(義歯)MEDICAL
よく噛める精密な入れ歯を
オーダーメイドで
硬いものが噛みづらい、外れやすいなど、
今お使いの入れ歯にお悩みはありませんか?
草加市の歯医者 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックでは患者様のお悩みやご不満をうかがい
一人ひとりに使いやすい精密な入れ歯をご提供しています。

患者さまにあった入れ歯をご提案するために

*
現状のご不満・ご要望などもお聞かせください
失った歯を補う方法として入れ歯があります。部分的に歯を失った場合は「部分入れ歯」を、大部分の歯を失った場合は「総入れ歯」を選択することになり、それぞれに健康保険が適用できるものと自費診療でお作りするものがあります。
患者様一人ひとりに快適に入れ歯をお使いいただくために、今お使いの入れ歯のご不満やお悩み、入れ歯に対して求めていることなどを詳しくお伺いしています。食べ物が挟まりやすい、噛むと痛い、ガタついて安定しないなど、詳しくお聞かせください。
また、各種検査でお口の状態を把握することで患者様に合わせた入れ歯をご提案しています。それぞれメリットやデメリット、特徴なども分かりやすくご案内していますので、初めて入れ歯を作られる方にもご安心いただけます。
  • 部分入れ歯
    歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。健康な残っている歯を利用して、クラスプという留め具で入れ歯を固定をして使用します。
  • 総入れ歯
    全ての歯を失ってしまった場合に使用する、歯肉の表面を覆うように作成する大きな入れ歯です。歯茎の粘膜の吸着力を利用してお口の中に維持します。

保険診療と自由診療の
入れ歯の違い

  • 部分入れ歯:クラスプ(留め具)は金属のみ、総入れ歯:人工歯と床はプラスチック
    保険診療の入れ歯
    保険診療では、法律で使用できる素材が限られていて、人工歯と床(しょう=歯茎となる部分)は樹脂(レジン=プラスチック)のみになります。総入れ歯の場合、耐久性を確保するために床には一定の厚みが必要になり、装着時の違和感や食べ物の温度を感じにくくなることがあります。また、部分入れ歯のクラスプ(金属の留め具)の材質も金属のみに限られるため、入れ歯の場所によっては周囲から気付かれやすくなります。
    メリット
    • 保険が適用され、比較的費用を抑えることができる
    • 修理が比較的容易にできる
    デメリット
    • 変色やすり減りなどの経年劣化が起こりやすい
    • 臭いや汚れを吸着しやすく、不衛生になりがち
    • 一定の厚みにより、装着時に違和感を感じる
    • 食べ物の味や温度を感じにくい
  • 部分入れ歯:クラスプが無いものなどの選択が可能、総入れ歯:金属床など様々な素材の選択が可能
    自由診療(自費診療)の入れ歯
    自由診療(自費診療)では使用できる素材に制限がないため、患者様のご希望・ご要望をかなえる素材を自由に選択することができます。床の部分に金属を使用した薄く装着時の違和感が少ないお食事の温度を感じやすいもの、クラスプ(金属の留め具)が必要ない部分入れ歯も作ることができるため、保険診療の入れ歯では回避できないデメリットを解消することが可能です。
    メリット
    • 天然の歯のような自然な見た目に近づけられる
    • 金属の留め具(クラスプ)の必要ない入れ歯も選択できるので、目立ちにくいものが作れる
    • 素材を選択できるため、違和感や不快感を大幅に軽減できる
    デメリット
    • 保険が適用されないため、費用の負担が大きい
    • 保険の入れ歯と比べ、修理が難しい場合がある

当院おすすめの入れ歯

  • *
    金属床義歯
    歯ぐきに触れる部位が金属で作られている入れ歯です。金属にすることで入れ歯を薄くすることができます。そのため異物感が少なく装着感の良い入れ歯を作ることができます。食事の際は熱伝導が良いため温度を感じやすく、おいしく食べる事ができます。また金属なので耐久性に優れています。
  • *
    インプラントオーバーデンチャー
    入れ歯がずれてしまい痛みを感じる方や、浮き上がったりガタガタして食事がしにくいなどのお悩みをお持ちの方におすすめしています。
    顎の骨に2〜4本のインプラントを埋め込み、そこに入れ歯を固定する方法です。インプラントによってしっかり顎の骨と入れ歯が固定されるため非常に安定感があります。
  • *
    イントプレス義歯
    保険の入れ歯とは違う方法・素材を使用して作る樹脂製の入れ歯です。高密度で変形に強く、水分の吸収が少ないため匂いや汚れがつきにくいというメリットがあります。また、精度の高い入れ歯を作れることから、お口にピッタリと合った入れ歯にすることができます。
  • *
    シリコンデンチャー
    柔らかいシリコンを義歯の歯茎に触れる面に取り付けます。いまご使用の入れ歯を加工することができるため、お使いの入れ歯に悩まれていた方にもおすすめです。
    クッション性が高く、入れ歯安定剤のように使うことができるので、硬い素材でできた入れ歯は痛くて使えないといった場合にも対応できます。
  • *
    ノンクラスプデンチャー
    部分入れ歯を固定するための金属の留め具(クラスプ)が必要ない部分入れ歯で、床部分が柔らかい樹脂で作られているため装着感がいいのが特徴です。入れ歯を固定するバネの代わりになる部分は歯茎と近い色をしており歯茎と同化して見えます。そのため入れ歯をつけていると気づかれにくい見た目にできます。
  • *
    コーヌス・テレスコープ
    残っているご自身の歯に金属製の内冠を取り付け、内冠にピッタリとはまる外冠を入れ歯の方に作成します。内冠にかぶせるように入れ歯を装着し、茶筒のような仕組みで固定されるため非常に安定感があります。金属のバネ(クラスプ)が必要ないため見た目がすっきりした入れ歯を作ることができるのも利点です。
  • *
    マグネットアタッチメント
    入れ歯に埋め込んだ磁石と、ご自身の歯の根に埋め込んだ金属の磁力で固定する入れ歯です。取り付けや取り外しが容易に行えますが、装着するとしっかりと固定され安定感があり、機能面でもご安心いただけます。また、クラスプが必要ないため、両隣の歯に負担をかけません。

入れ歯を
長く愛用いただくために

*
定期的な歯科医院でのメインテナンスが
入れ歯を長持ちさせる秘訣です
入れ歯は人工物のため、虫歯や歯周病になることはありません。しかしお手入れをせずに汚れが溜まったままにしてしまうと、口臭の原因になったり、残っているご自身の歯のむし歯・歯周病の感染リスクが高くなることにつながり、最悪の場合さらに歯を失ってしまうことで、入れ歯の作り直しや修理が必要になる場合があります。
そのため、毎日の入れ歯のお手入れや歯みがきなどのセルフケアに加えて、定期的に歯科医院でのメインテナンスを受けるようにしましょう。定期検診に通うことで歯茎の退縮などから起きてしまう入れ歯のガタつきなど、不具合の早期発見とともに、これ以上ご自身の歯を失わないように、健康なお口を維持していくようにしましょう。