治療について

レントゲンじゃありません。歯科用CTってご存じですか?

投稿日:


まつの歯科医院では最新のCTによる診察を行っています。CT撮影は従来のレントゲン撮影とは異なり、お口の中の状態を3次元で確認することができます。

代表的な使い方は、インプラント手術前の骨の状態の確認です。骨の密度や形、大きさ等を把握する事により、数年前に比べて遥かに安全にインプラントの治療ができるようになりました。また、事前にインプラント手術部位のシュミュレーションをコンピューター上で行い、より精度の良く、安全で、長持ちするインプラントの治療が行えるようになりました。

また、保険診療内でもCTを使うことがあります。親知らずを抜きたいけど、難しいと言われた、とか根の治療がなかなか終わらない、という経験はありませんか?親知らずの抜歯が難しいかどうかは、親知らずの正確な位置が分からなければ判断出来ません

一般的なパノラマX線写真というものでは、2次元つまり、平面的な位置しか分からないため、実は判断が曖昧な場合もあるのです。CTを使うと、親知らずの正確な位置が分かるため、正確な判断と適切な抜歯ができるのです。

根の治療でCTを使うこともあります。根の形が複雑である場合、正確な形を把握しておかないと、根が割れてしまったり、穴があいてしまうことがあります。それを防ぐ為に、CTの撮影を行う事があるのです。また、根にヒビが入っている場合、どんなに治療しても治らないことがありますが、CT撮影を行う事によって、ヒビがあるかどうかや、歯周病との関連があるかどうかの診断も行うことができます。

  • 記事の監修
院長 松野武

院長 松野武

タケノコ歯科・矯正歯科クリニック院長
埼玉県草加市生まれ

平成元年 福岡県立九州歯科大学卒業
平成元年 宮地歯科医院勤務
平成5年 まつの歯科医院開院
平成14年 医療法人朋武会理事長就任
平成30年 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックをリニューアル開院

ジアズ(JIADS)クラブ/デンタルコンセプト21/経基臨塾/関東経基臨塾/N1会/日本口腔インプラント学会/日本顎咬合学会/顎顔面口腔育成研究会/日本臨床歯周病学会/日本歯周病学会/スタディーグループ筒井塾/インビザライン・ドクター/マイオブレース・メンバー/日本歯科医師会/埼玉県歯科医師会

-治療について

Copyright© タケノコ歯科・矯正歯科クリニック(旧まつの歯科医院) , 2019 All Rights Reserved.