治療について

歯医者さんの保険診療と自由診療、どっちがいいの?

投稿日:

歯医者さんでの治療には、保険診療と自由診療という2種類の治療があります。一般的には「保険診療=安い」「自由診療=高い」というイメージだと思います。でもそれは本当でしょうか?

オーダーメイドの服のように細かい調整ができる自由診療

よくたとえで使われるのが既製服とオーダーメードの違いです。

保険治療は使える材料、使える時間が限られています。そうなるともちろん、一人一人に応じた治療をするのですが、どうしても精度が落ちてしまいます。精度が落ちると、洋服が体型に合ってないのと同じような不具合が生じます。たとえば、咬みあわせが合わなくなってしまったり、自分の歯とかぶせ物の間に隙間ができてしまってむし歯が再発しやすくなるなどです。

自費治療ですと十分な時間、高価な材料が使えますから、精度を十分に上げることができるのです。精度が上がると、洋服が体型にフィットしているのと同じように、咬みあわせがぴったりし、自分の歯とかぶせ物がしっかりフィットして、隙間を極限まで少なくすることが可能になるのです。

またオーダーメードであれば、「デザインをこうしてほしい」とか「ここをもうちょっと、こうしてほしい」という要望に応えることが出来ますが、既製服であれば、あるものの中から選ばなければなりません。それと同じように保険のかぶせ物だと、例え白くなっても、出せる色は少なく、時間が経つと変色してしまいます。しかし、保険が適用されない自費であれば、色は天然の歯に合わせることが出来ますし、変色もしません。

見た目だけではなく治療の精度が違う

保険が適用される治療と保険外の治療は見た目以外にも大きな違いがあるのです。それは、治療の精度の違いです。

治療の質はどれだけ時間と手間をかけるかによります。金額が大きければそれだけ時間をかけられますから、手間のかかる治療法であったり、保険が効かない高価な材料を使うことも出来ます。

治療後の生活の快適さと値段

「自由診療=高い」というのも間違いではありません。ただその後の生活の快適さと比較すると、いちがいに「高い」とは言えなくなることが多いようです。

「高くてもいいものを」に応える技術があります。

もちろんまつの歯科医院では、患者さまのご希望を無視して自由診療を勧めることは絶対にありません。メリット、デメリットを十分にお伝えして、保険診療をご希望の方には、保険でできる100%の治療をさせていただきます。

一方で「高くなってもいいからいい治療を」とご希望の方には、しっかりとその期待にお応えするだけの技術を持っています。安心してお任せください。

-治療について

Copyright© タケノコ歯科・矯正歯科クリニック(旧まつの歯科医院) , 2018 All Rights Reserved.