治療について

まつの歯科医院の院長がインプラントをオススメする理由

投稿日:


一度なくなってしまった歯は二度ともとには戻りません。そこで人工的に歯を補う必要があります。一般的にその方法は、「ブリッジ」「入れ歯」そして「インプラント」の3つの方法がありますが、まつの歯科医院では「インプラント」をオススメしています。

隣の歯に負担をかけてしまう「ブリッジ」

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして橋をかけます。橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、違和感なく、美味しく食べることができます。

しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。まず、ブリッジの場合、支える歯の周囲を削ってかぶせものをするので、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。一度削った歯はもう元には戻せません。また、お手入れが悪いと削った境目から虫歯になって、その歯もまた悪くなってしまうことになります。

次に、両隣の歯で支えますので、一番、奥の歯が抜けてしまうと支える歯がなくなってしまい、ブリッジをかけることができなくなってしまいます。

さらに、ブリッジも両隣の歯で支えますので、この支えている歯に負担がかかってきます。

例えば、1本無くなってしまった歯を両隣の歯で支えるとすると、これまでは3本でやっていたことを2本でやることになります。会社で言えば、「これまで3人でやっていた仕事を1人辞めたから、2人でやってくれ」ということになります。最初のうちは頑張れるのですが、2年・3年経ったら、辞めてしまいますよね?それと同じように、支えている歯には大きな負担がかかり、状態にもよりますが10年ぐらい経つと支えている歯が辞めたくなってしまうようです(オスロ大学の調査によると、ブリッジの平均残存期間は10.5年ででした)

違和感が大きい「入れ歯」

入れ歯は人工の異物ですので、補う歯の本数が大きくなるほど、口の中に違和感が出てきます。口の中は繊細に出来ています。例えば、髪の毛1本でも、咬んで違和感があります。それが総入れ歯になると、女性の握り拳位あるものを口の中に入れるのですから、違和感がないわけないのです。特に、入れ歯を支えるための床のような部分のある入れ歯になると、食べ物の味や熱さを感じにくくなってしまいます。

入れ歯の場合、ブリッジのように固定式ではなく、取り外し式なので、キレイにするために毎日、手入れをしなくてはなりません。これが手間であるだけでなく、「他の人に見られると恥ずかしい」ということになります。

また、総入れ歯に近づくにつれて、食べ物がはさまる、痛いなどの理由により、咬むという重要な行為をすることが難しくなる場合があります。総入れ歯になると、たとえ咬むことができたとしても、自分の歯よりも咬む力が弱くなります。そうすると、固いものなどを食べることが難しくなってきます。

ブリッジと入れ歯のデメリットをなくした「インプラント」

インプラントというのは、人口のチタンでできたネジのようなものを歯の根っこの代わりとして顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するというものです。インプラントのメリットはブリッジと入れ歯の欠点がないことです。

天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません。

さらに、インプラントは顎の骨の中に植わってますので、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になるのです。そして、脳への刺激も強くなりますので、これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。

「インプラント」は高い?

保険で作ることが出来る入れ歯に比べれば高いです。インプラントは1本30万円ぐらいします。しかし、先ほども申し上げたように、保険で作る入れ歯は当面の機能は回復しても、長期的なお口の健康にダメージを与えているのです。

もし、皆さんの中指が根元からなくなってしまったらどうしますか?困りませんか?

「この中指が元に戻るなら、どんなことだってするのに!」と思いませんか?

失った歯をインプラントで元に戻すということは、根元から無くなった中指をチタンの骨を入れて回復させるということと変わらないのです。中指を元に戻すのに50万円かかっても安いと感じませんか?

また、新車を1台買っても、軽く100万円はします。確かに、車は生活するうえで欠かせませんし、車があることで家族・恋人と旅行したり、楽しい思い出を作ることが出来ます。新車を買うこと自体もとってもわくわくする楽しい体験ですよね。そういう意味では、新車を買うということは人生を豊かにするために必要なお金だと思います。

「インプラント」の手術が怖い?

実際には親知らずを抜くような手術ですので、ケースにもよりますが、そのほとんどが小手術だと思っていただければと思います。手術に伴う痛みも親知らずを抜いたときと同程度だと考えてください。

ですので、当院では全身麻酔ではなく、歯を抜くのと同じように局部麻酔をして、だいたい1時間~2時間で手術は終わりますし、手術後の腫れについても、2~3日経てば治っています。

まつの歯科の院長が家族にオススメするのは「インプラント」

私は必ずしもインプラントがパーフェクトな治療方法であるとは思っていません。あくまでも天然歯の代替物で、天然歯に勝るものは無いと思っています。しかしながら現状においては、なくなってしまった歯を補う治療方としては、他の歯を守るという意味で、悪循環にはまり込まなくてすむ、最適な治療方法である事には間違えないと思っています。私が、また私の家族が歯を失った場合、私は間違いなくインプラント治療を選択するでしょう。

実際、私の母親には、十数年前にインプラント治療を施し、今でも十分機能しています。

このように、インプラント治療の最大のメリットは、なくなった歯を補うために、他の歯を傷つけずに済むということです。

私は幸いな事に失ってしまった歯はないので、インプラントを入れてはいませんが、今後もし失うような事があれば、インプラントを入れます。

  • 記事の監修
院長 松野武

院長 松野武

タケノコ歯科・矯正歯科クリニック院長
埼玉県草加市生まれ

平成元年 福岡県立九州歯科大学卒業
平成元年 宮地歯科医院勤務
平成5年 まつの歯科医院開院
平成14年 医療法人朋武会理事長就任
平成30年 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックをリニューアル開院

日本先進医療研修機関(JIADS)会員/埼玉インプラント研究会会員/デンタルコンセプト21/会員日本先進医療研修機関(JIADS) 会員/埼玉インプラント研究会会員/デンタルコンセプト21会員/経基臨塾会員/N1会会員 /日本口腔インプラント学会会員/日本歯科医師会会員/埼玉県歯科医師会会員

-治療について

Copyright© タケノコ歯科・矯正歯科クリニック(旧まつの歯科医院) , 2018 All Rights Reserved.