スタッフブログ

「歯が痛くなる前」「虫歯になる前」に歯医者さんに来ていただきたい理由。

投稿日:

突然ですが皆さん、何も治療を施していない天然の歯1本の価値って・・・お金に例えるとどれくらいの価値があると思いますか?

10万円? 100万円? 1000万円?はたまた、1億円!?

さてさて、正解ですが…

それは、
簡単には価値がつけられないほど大切なもの。

です!

後悔していることの第1位は「歯の定期検診を受けなかったこと」

ちなみにプレジデントという雑誌で、55歳から74歳の男女1000人を対象に「今、何を後悔していますか?」と尋ねるアンケートを実施したそうです。
なんと1位は

「歯の定期検診を受ければよかった」

でした!

記事によると、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生も、「歯の健康を保つことこそ長寿の秘訣」とおっしゃっているようです。

「歯と歯茎の間からばい菌が入って歯周病になると、その菌が全身をめぐってインスリンの活動に障害を起こし、糖尿病の原因になることが最近わかってきました。」

毎食後の歯磨きはもちろん、虫歯がなくても2~3カ月に一度は歯科でチェックしてもらうことをオススメされています。日野原先生ご自身も、101歳のときに17本の歯が残っておられたそうです。

https://president.jp/articles/-/12332

タケノコ歯科・矯正歯科クリニックでも歯の定期検診に力をいれています。

歯の治療には様々な方法や選択肢があります。(*治療を受けられるご本人様の口腔内の状況によって左右されますが)

虫歯というのは、正しい治療をすれば高確率で痛みからは解放されます。

ただし、それは「その歯を虫歯になる前の状態に戻せた」というわけでは決してありません。

小さな虫歯を治療し、白い樹脂の材料で埋めた歯も、金属の詰め物をした歯も、大きな虫歯で神経を取り被せ物をした歯も、全て2次的に虫歯に犯されるリスクと隣り合わせになるのです。

時折、治療が全て完了した患者様に次回の定期検診のお約束について尋ねると、

「定期検診は面倒くさいから平気。また歯が痛くなったらこちらから連絡します。」

と、お返事をいただく事があります。

そんな時私は、その患者様の事がとても心配になります。

どのくらい先になるか未来の事は分かりませんが、次回電話をいただく時には、この方はご自身の歯を失うことになるのではないだろうかと・・・。

歯を失った後のインプラントや義歯(入れ歯)、ブリッジなども素晴らしい技術ではありますが、快適に食事をし、楽しく笑い、心身共に健康に過ごすためには、やはり自分の歯が何より一番です!

タケノコ歯科・矯正歯科クリニックには、皆様の口腔内の健康を全力でサポートしたいと奮闘する衛生士さんや、松野院長をはじめとする歯科医師の先生達がおります。

治療の際は、先生や衛生士さんに遠慮なく質問や相談をしていただき、歯科に対する不安をそのまま持ち越さず、皆様が納得できるメンテナンス&治療ライフを送っていただきたいと思っております。

  • 記事の監修
院長 松野武

院長 松野武

タケノコ歯科・矯正歯科クリニック院長
埼玉県草加市生まれ

平成元年 福岡県立九州歯科大学卒業
平成元年 宮地歯科医院勤務
平成5年 まつの歯科医院開院
平成14年 医療法人朋武会理事長就任
平成30年 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックをリニューアル開院

ジアズ(JIADS)クラブ/デンタルコンセプト21/経基臨塾/関東経基臨塾/N1会/日本口腔インプラント学会/日本顎咬合学会/顎顔面口腔育成研究会/日本臨床歯周病学会/日本歯周病学会/スタディーグループ筒井塾/インビザライン・ドクター/マイオブレース・メンバー/日本歯科医師会/埼玉県歯科医師会

-スタッフブログ

Copyright© タケノコ歯科・矯正歯科クリニック(旧まつの歯科医院) , 2019 All Rights Reserved.