スタッフブログ

よく泣き、よく笑う

投稿日:

「年をとると、涙腺がゆるくなって・・・」といいますが、私もそうです。悲しい小説、感動する映画など、人目もはばからず号泣してしまいます。これは、皮膚のたるみと同じように、物理的に涙腺がゆるくなっているのかと思っていたら、その反対。玉ねぎの刺激では、加齢とともに涙が出にくくなるそうです。

それでも、感動話で涙が出やすくなるのは、人生のさまざまな体験と他人の話が共鳴して、感動しやすくなるからだとか。私も、苦労の後に幸せをつかんだ話や、心温まる人情話などを聞くと、自分のことのように涙がぽろぽろ。人のことで心が洗われたように泣けるなんて、年は重ねるものですね。

泣くことは、笑うことより、リラックス効果が長持ちし、ストレスを下げる効果があるといいますが、泣いた後は、不思議とスッキリするものです。また、日常的に大切なのは、笑うこと。

どんな状況でも笑って過ごしていれば、心の余裕ができて、エネルギーが湧いてくるのは、だれもが実感することでしょう。笑いを心がけていると、自然に楽しいことに気が向いたり、自分の失敗も「これはネタとして使える」と、くよくよ考えなくなったりするものです。

私たちに与えられた時間はかぎられています。だから、暗い顔よりも、明るい顔で過ごしたい。幼い子どものように、泣いた後にケラケラ笑う、そんな新鮮な感受性をもった大人になりたいです。

以前、スタッフにホワイトエッセンスのメニューで、オーラルリフレクソロジーという施術をしてもらったことがあるんですが、顔のこんなところの筋肉が凝っているんだーとか、痛気持ち良くって、ついつい眠りに入りそうでした。エステのようで、とてもリラックスできました。

これからも、思い切り笑えるように、引力に逆らってリフトアップしていきたいと思います。みなさんも、是非とも、味わっていただきたいです。

クリーニング・ホワイトニング:歯石とりからツヤ出しまで

当院の審美歯科は、歯を削らずに口元を健康的に美しくする日本最大の審美歯科チェーンホワイトエッセンスに ...

続きを見る

  • 記事の監修
院長 松野武

院長 松野武

タケノコ歯科・矯正歯科クリニック院長
埼玉県草加市生まれ

平成元年 福岡県立九州歯科大学卒業
平成元年 宮地歯科医院勤務
平成5年 まつの歯科医院開院
平成14年 医療法人朋武会理事長就任
平成30年 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックをリニューアル開院

日本先進医療研修機関(JIADS)会員/埼玉インプラント研究会会員/デンタルコンセプト21/会員日本先進医療研修機関(JIADS) 会員/埼玉インプラント研究会会員/デンタルコンセプト21会員/経基臨塾会員/N1会会員 /日本口腔インプラント学会会員/日本歯科医師会会員/埼玉県歯科医師会会員

-スタッフブログ

Copyright© タケノコ歯科・矯正歯科クリニック(旧まつの歯科医院) , 2018 All Rights Reserved.