歯のまめ知識

こどもにご飯をフーフーしてあげるのはだめ?虫歯や歯周病菌をうつしてしまう可能性があります。

投稿日:

かわいいわが子にご飯を食べさせるときによくやってしまいがちな「フーフー」。こどもの一口サイズをスプーンにのせて冷ましてから食べさせるあれです。でもその行為が虫歯や歯周病菌をこどもにうつしてしまう可能性があることをご存知ですか?

産まれたばかりの赤ちゃんのお口は無菌状態

じつは産まれたばかりの赤ちゃんのお口は無菌状態です。なのでそのまま無菌状態で成長したら虫歯や歯周病になることはありません。

ところが、かわいいあまりに親から子へのチューや、食事中のスプーンの使い回し、熱いご飯を冷ましてあげるためにフーフーと息をかけて冷ましてあげる、という行為で親から子へ菌がうつっていくのです。

もちろん虫歯や歯周病にかかりやすいのは遺伝要素も関係あると言われることもありますが、主な原因はこのように他人から細菌がうつされてしまうことです。

完璧に防ぐのは難しいからこそ親も定期的な検診を

とはいえ、子どもの動きは予想できず色んな物を口に含んでしまったり、子供の方から顔を近づけてきたり完璧に防ぐことは難しいです。

なので、両親や保育に関わる人のお口の中を綺麗にしておくことも子供の口腔の健康を守るためには大切です。お子様だけでなく、家族みんなで歯医者に通ってもらってお口の状態を良くしていきましょう!

虫歯の予防・検診:0歳からの虫歯予防

幼児期(0〜5歳) 幼児期は乳歯が生えそろう大切な時期です。この時期の前半を「感染の窓」と言い、むし ...

続きを見る

  • 記事の監修
院長 松野武

院長 松野武

タケノコ歯科・矯正歯科クリニック院長
埼玉県草加市生まれ

平成元年 福岡県立九州歯科大学卒業
平成元年 宮地歯科医院勤務
平成5年 まつの歯科医院開院
平成14年 医療法人朋武会理事長就任
平成30年 タケノコ歯科・矯正歯科クリニックをリニューアル開院

日本先進医療研修機関(JIADS)会員/埼玉インプラント研究会会員/デンタルコンセプト21/会員日本先進医療研修機関(JIADS) 会員/埼玉インプラント研究会会員/デンタルコンセプト21会員/経基臨塾会員/N1会会員 /日本口腔インプラント学会会員/日本歯科医師会会員/埼玉県歯科医師会会員

-歯のまめ知識

Copyright© タケノコ歯科・矯正歯科クリニック(旧まつの歯科医院) , 2018 All Rights Reserved.