入れ歯について

誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで義歯(入れ歯)は痛くて噛めないとか、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、あまり義歯(入れ歯)の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった義歯(入れ歯)を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

義歯(入れ歯)人口はかなりの数にのぼります。 それに比例して「合わない義歯(入れ歯)」と言う言葉も多く聞きます。 また、患者本人の感ずる、「いい」「悪い」にかかわらず、客観的にも不適合な義歯(入れ歯)が少なくありません。ここで言う「合わない義歯(入れ歯)」とか「噛めない義歯(入れ歯)」とは、単に形がアゴに合わない、噛めないという意味だけではありません。心理的、審美的、機能的に気に入らないと言う意味です。 

患者さん本人が気づいている「不満な義歯(入れ歯)」については何の説明もいらないでしょう。痛い、噛めない、色が合わない、落ちる等、心身に具体的危害を加える義歯(入れ歯)のことです。

・金属床
歯が抜け、部分入れ歯などの装着する際に、歯冠補綴処理後の入れ歯装着の安定のために通常はバネをかけます。ただしこれでは審美的にも美しくなく、抜歯状態によっては義歯の形状も複雑になりやすく、着脱が困難になり、清掃なども大変です。マグネットデンチャーは残っている歯に対して 磁性金属取り付け、入れ歯には超小型磁石を取り付けることによって装着可能にする審美的にも美しさを損なわない方法です。磁石での装着といってもぐらつき、ガタつきなどもなく、安心して末永くお使いいただける治療法です。

・ ノンクラスプデンチャー
従来の義歯は残存歯牙に安定のための金属維持装置(クラスプ、バネ)が必要でした。 

しかし、ノンクラスプデンチャーは床自体で歯に固定させますので留め金は要りません。残存歯牙に負担もかからないのです。 また入れ歯を軽く薄く出来るので装着時の違和感が少なくなります。装着感が良くなります。

・ マグネットデンチャー
歯が抜け、部分入れ歯などの装着する際に、歯冠補綴処理後の入れ歯装着の安定のために通常はバネをかけます。ただしこれでは審美的にも美しくなく、抜歯状態によっては義歯の形状も複雑になりやすく、着脱が困難になり、清掃なども大変です。

マグネットデンチャーは残っている歯に対して 磁性金属取り付け、入れ歯には超小型磁石を取り付けることによって装着可能にする審美的にも美しさを損なわない方法です。磁石での装着といってもぐらつき、ガタつきなどもなく、安心して末永くお使いいただける治療法です。

 

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら

スマフォ予約