草加市 歯科 虫歯

むし歯は英語でカリエス( Cries )と言います。 学校の歯科検診のときにドクターが『 C2 』とか『 C1 』とか歯を見ながら言っていたことを覚えている人もいるかも知れませんが、あの時に言っていた『 C 』はカリエスのことです。ここでは虫歯の種類の C1~C4 までの症状をご紹介します。

C1 -自覚症状なし

歯の表面に白い斑点となって現れ、だんだん黒ずんでくる。奥歯では溝に沿って白いスジ状になることがある。

C2 -冷たい水や風が歯にしみる

むし歯は、エナメル質と象牙質との境にそって、横に広がることが多く、広い範囲を削らなければならないことがある。

C3 -ズキズキ痛む

歯髄を取ると歯はもろくなる。しかし、歯髄はデリケートで、炎症をおこすと治りにくく腐りやすいので、取らざるをえない場合が多い。

C4 -末期症状

以前治療した歯から重症化することが多い。歯の根までむし歯になるか、化膿していると抜歯。抜歯しなくてもほぼ歯根だけしか残こらない。


虫歯は細菌が口の中で食べかすから酸をつくりだし、その酸で歯が溶けた状態が虫歯になると考えられています。この考え方が基礎となって、次のような 4 つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

①むし歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになっている。
②むし歯菌が旺盛な活動をしている。
③歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
④プラーク(歯垢〈しこう〉、歯くそ)が歯に付着したままになっている時間が長い。

逆のいい方をすると、これらの条件のどれか 1 つでも欠けると、むし歯はできないといわれています。また、虫歯にならないためには 正しい歯磨き を歯科衛生士、歯科医師に教えてもらうことや歯医者さんへの定期的に 定期検診 に通うこと、フッ素塗布、PMTC などを行うことにより、虫歯のない健康な歯を持ち続けましょう。

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら

スマフォ予約