口臭の原因

他覚的に口臭が認められる患者さんの 80 %以上は口腔内に原因があり、そのほとんどは歯槽膿漏などの歯周病やむし歯,食事の食べかす、歯垢、歯石、舌苔による口腔内の汚染,不潔な義歯による口腔内自浄作用の低下にあります。プラークコントロールができていないと口腔内細菌により分解されてできた(揮発性硫化物質等)が発生し口臭となります。

舌苔も、歯石や歯垢と同様に細菌の固まりで臭気物質(揮発性硫化物)を生成します。また口呼吸のために口の中が乾燥し、唾液による希釈や循環が弱まることにより口臭の原因となることもあります。また、重症のむし歯や歯周病を併発する事が多いです。

歯周病・むし歯・口臭予防に定期的にプロフェッショナルクリーニングをおこないましょう。

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら

スマフォ予約