草加市のまつの歯科医院│一般歯科

1.患者さんが安心して治療を受けられる仕組み作り

初めて行く病院って凄く不安な気持ちになりませんか?

どんな先生かわからないですし、自分の思っていることを聞いてくれなかったら困ってしまいますよね。そうなってしまうと納得いかないまま治療が始まってしまうので患者さんにとっては初めての医院というのは躊躇してしまうものなんです。

そこで当院が初めての患者様にはカウンセリングの時間というのを作っています。

「ここの歯科医院は、よく話を聞いてくれるなぁ。」

そう患者さんに思っていただきたい、安心してもらいたい、そんな想いからこのような仕組みを作りました。

「何でも話していいんだ。」そう患者さんに思っていただける空気感が生まれることを理想としています。

そのために当院には、【カウンセリング専門のスタッフ】が在籍しています。

またそれだけでなく医院スタッフ全員が、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。

治療の前には、必ずスタッフがその日の状態や前回の治療後の様子を伺うようにしています。

2.治療中の痛みに関して

治療中に我慢をしている患者さんって実は意外に多いものです。

そんなことに気づかずにずっと治療を続けてしまうと患者さんが抱えるストレスは相当なものになります。

そうなったら毎回通院するのが憂鬱ですよね。
ですので治療中は常に患者さんの些細な身体の動きに気を配っています。
痛い時には、表情筋がこわばったり、身体がつっぱったりするものです。

その反応を見て、いま痛かったのだろうなあと気付いて差し上げるようにしています。
治療中は患者さんはお口を開けてるので、話すことができません。

痛みを身体で表現していることに、敏感に気付いてあげるようにしています。

3.治療中の患者さんの心のケア

さて実際に診療台に座って治療を受けて頂くわけですが、

「いつでも、あなたのお話を聞きます。」そういう雰囲気を醸し出すことを常に心がけています。
患者さんが転院される多くの理由は、歯科医院と患者さんとのコミュニケーション不足が原因だと強く感じています。
私は日々患者さんの診療に多くの時間を費やすため、じっくりと患者さんのお話を聞けないことがあります。
その分、スタッフが患者さんと沢山コミュニケーションをとってくれています。

4.小さな虫歯について

当院の基本的な方針は、歯はなるべく「抜かない」「削らない」です。
患者さんの口腔内の状態にもよりますが、小さな虫歯の場合は、なるべく削らずに様子を見るようにしています。

小さな虫歯は歯磨きをしっかりと行っていけば、進行がゆっくりになります。
そうすれば歯の寿命をかなり延ばせるんです。

これは非常に重要なことです。
なぜ歯が黒っぽくなっているのに削らないのだろうかと疑問に思うかもしれませんが、それは歯の寿命を伸ばしたいがためなんです。

問題は虫歯になってしまうことですから、削ってしまう前に、まずはしっかりと歯を磨けるように指導させていただいています。

磨けるようになることの方が、安易に削ってつめるよりもはるかに大切です。

5.歯を抜くか抜かないかの判断について

歯は患者さんの大切な身体の一部です。

ですので歯を抜かなければならない状態の虫歯だとしても、まずは患者さんに歯科医学的な情報をお伝えした上で、患者さん自身がどうしたいのかということを聞くようにしています。

歯を抜くというのは歯科医師にとっては何度も何度も繰り返しているので、これは抜くしかない状態だなという判断はできます。

しかし、患者さんにとっては歯を抜かなければならないところまで虫歯がひどくなっているというのはかなりショッキングな出来事です。

ですのでその日に抜歯する決心がつかないこともあるでしょう。

そのために、患者さんがご納得するまでいま虫歯がどんな状態になるのかをしっかりと説明をさせていただきます。

その上で患者さん自身が歯を抜くことを選択された時こそが、歯を抜く時です。
「抜いていただいて良かった」と思ってもらえるような、そんな抜歯が理想です。

6.神経を取るか取らないか

これも、抜歯と同じです。
神経を取るメリットとデメリットをきちんとお伝えした上で、患者さんが神経を取りたいと言われれば取ります。
しかし、もう少し我慢したいと言われれば様子を見ます。
昔からよく言われていることですが、インフォームドコンセントというスタンスを大切にしています。
プロとして大切なのはきちんとした情報を提供することです。

その上で患者さん自身に選択して頂くというプロセスが大切にしています。

7.歯は必要最小限しか削りません

歯を削る時は、必要最小限に削ることを意識しています。
これは、最近よく言われている「MI」というものです。

MIとは、『ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)』の略です。
歯の犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除するという意味です。

8.治療の精密さについて

私はルーペと言われる歯科用の虫眼鏡を使って治療しています。

ルーペとしては最高倍率に近い8倍のルーペを使用して丁寧に治療しています。

歯の細部にまで目が行き届き、精度の高い治療を提供することができます。

私自身が治療を受けるとすれば、ルーペを使っていない歯科医の治療は受けたくないものです。

9.根管治療

患者さんには聞き慣れない言葉でしょうが、この根管治療というものは歯の寿命を決定づけると言ってもおかしくありません。

根幹治療の第一人者であり、私の師匠でもある北九州の下川先生のやり方を見習っています。

根管内に細菌をできるだけ残さない方法です。

根管治療が不十分だと、その上にどんなに良い被せものを施しても再治療になってしまうからです。

10.治療後の被せものについて

審美的で、耐久性の良いものであると同時に、生体に優しいもの(噛みあう相手側の歯を摩耗しない)が、理想です。
また、長持ちさせるためには磨きやすいということも重要な要素です。
どんなに高価な被せものであっても、天然の歯には到底かないません。
ですから、きちんと磨くことのできる形であることが重要になってきます。

11.治療後の予防

どんなに高額で素晴らしい治療をしたとしても、親から授かった天然の歯には到底敵いません。

すなわち、治療後の予防として定期的に歯科医院でのメンテナンス(定期検診)を受けることが何よりも大切になります。

歯の病気の恐ろしいところは、患者さんが無自覚のうちに進行していることなんです。

痛くもかゆくもないからと歯科医院を受診しないと気づかない間に虫歯が進んでいることがあります。

痛いから歯科医院に行くのではなく、予防のために歯科医院を利用するようにしてください。

歯科医院でのメンテナンス(定期検診)を受けなかったばかりに不幸になった患者さんを、数多く診てきました。

歯科医師として本当にしなければならないことは、予防の重要性を国民の方々に伝えることです。

そして、その恩恵を味わってもらい幸せな人生を送ってもらうことだと思います。

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら

スマフォ予約