草加市のまつの歯科 ブログ

スタッフブログ

2017年9月13日 メンターとの出会い

自分の中で迷い悩んでいることが
言葉に出し、聞いてもらうことで
気持ちが整理されたり、別の考えを
もらえたり、実はそんな大したことでは
なかったりします。
松野歯科にもいろんな職種の方がいます。
患者さまの口腔内を診ても、
歯を診る人、歯肉を診る人、生活環境を
聞いてみたり、既往歴や現病歴を確認したり、
将来のなりたい口腔内を聞いてみたりと
様々です。

いろんな考えや立場や経験の違いから
様々な意見や考えを聞くことができ、
それにより、いろんな手段や方法を
ご提案ができます。
患者さまだけでなく、働く上でいろいろな
ものの見方ができるよう、
色々な方の意見に耳を傾けられる人で
ありたいと思いました。
逆に、相手にも与えられる人でありたいと
思いました。

佐々木

2017年9月12日 心ここにあらず

母や私がお世話になった、眼鏡屋さんの店員さんの事を、お話したいと思います。
彼女は、まだ30代ぐらいの方だと思いますが、とても接客が丁寧だし、気遣いも出来、感じの良い方です。
もう何年ものお付き合いになりますが、毎年母の誕生日には、連絡をくれます!
その後のアフターフォローも、完璧です。
年下の方ですが、頭が下がります。
見習っていかなければと、思いました。
この文章を読み、患者さんを蔑ろにしない様に、気をつけねばと改めて思いました。
                       石川

2017年9月11日 ビジネス四宝

私はよくインターネットを使って買い物をします。これいいなと思ったらポチッと購入してしまうことが多いです。しかし購入したことに満足してしまい、届いて中を確認したらそのまま放置してしまうこともあります。収納が少ない中このままではますます部屋の中が大変なことになるので衝動的な買い物を減らし、本当に必要なものかをよく考え今あるもので代用できないかを判断していきたいと思います。
                                                                                 会田

2017年9月 5日 美しい字

文字は記録に残ります。
後からみてわかりやすく美しい方がよいはずなのに、自分で書いた物をみて、なぜこれでよしとしたのか、疑問に思う事があり、がっかりする事もあります。走り書きのメモなんて、もはや役立たずであったり、みなさんにも思い当たる節があるかもしれません。
文字の美しさには個性がありますが、心掛け次第で読みやすく丁寧にする事は可能なはずです。一時一字丁寧に、心は込めたいと感じました。

大津

2017年8月22日 色を消す

私は、電車などに乗ると、周りの人の人間観察をします。
十人十色で、いろんな方が居て、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
確かに、マニュアルも大切だとは思いますが、そこに、ちょっと自分のエッセンスを取り入れ、患者様と接することも必要だと感じます。
                                     石川

2017年8月21日 熱意を伝える

自分の価値観を変えることはなかなかできることではありません。自分の怠惰な部分を直さなきゃと思いつつも休みの日はダラダラしてしまいます。昔から休みの日は外に出るよりも家でゴロゴロしていたいと思っていました。学生時代はバイトや用事がなければ一日中部屋着で過ごすことも多々ありました。それが犬を飼い毎日散歩にいくことで少し変化しました。自分の楽しみのためなら朝早く起きなくてはいけなくても苦ではなくなりました。いきなり価値観を変えようとするのではなくちょっとした状況の変化で少しずつ変わってくると思うので、小さなことから始めて1日1日を充実したものにしたいと思いました。
                                             会田

2017年8月16日 土地の歴史を知る

以前、歯科関係の勉強会に参加した時の
課題の一環で歯医者の周りにある施設や
学校などの環境について調べたり
院長の開業までに至る経緯をインタビューする事がありました。

私は地元が草加ではないため、通勤圏内の
環境しかわかりませんでした。
電話対応や患者様との世間話で
どこどこに住んでいるなどよく出る話では
あるのに、どこにあるか分からないので、
うまく会話を広げられない事など多々ありました。

この課題のおかげで周辺環境を調べ
学校の名前や場所などがわかるようになりました。
また、院長の開業に至る経緯を改めて聞く
事はなかなかないので、松野歯科の歴史を
知る事で、新たな感情が沸いた事を覚えて
います。

患者様にも松野歯科に来院するまでの
経緯を聞く場面があります。
歯科に対するいやな記憶などを聞く事で、
寄り添う事ができます。
このような少しのきっかけで
今までの環境がいつもと変わって見えるので
相手や場所の今までの経緯や歴史を知る
大切さを知りました。

佐々木

2017年8月 1日 もったいないこと

もったいないというと、わたしは物を粗末にしてしまうということを、思い浮かべたのですが、今年に入り、引越しのお手伝いなどに携わり、物を処分することも大切だなと感じました。
なので、ここ数ヶ月範囲を決めて、何回かに渡り、断捨離をしました。
スッキリとして、気持ちが良かったです!
そして、気づいたのは、あまり余分な物は買わないということに、今更ながら気づきました。
                              石川

2017年7月26日 心は体を映すスクリーン

おかげさまで、毎年健康診断もA判定で
日常の体調変化も特に感じません。
しかし、休みの日もしっかり予定をいれるので
身心共に休む時間というのを設けずに
過ごしています。
こういう時間の過ごし方に為
逆に体調の変化にも築かないのかなとも
思います。
一週間の波にのると、何も考えずにいると
あっという間に週末になってしまうので、
自分が今週どう意識して過ごすのか、
また、今日はどうだったか
など、立ち止まって自分を見る必要があると
感じました。
このように自分の時間を設ける事で
体の不調や、自分は今、疲れているんだ!
という何気ない変化にも築けるよう
健康管理も大事だと思いました。


佐々木

2017年7月24日 お先にどうぞ

人は余裕がないと自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいがちです。
思いやりを持って行動するには自分のなかに余裕があることはもちろん、相手のことを好きかどうかによってもかわってくるものではないでしょうか。好きな人には自然と優しくなれます。
人に興味を持ち、相手の立場や気持ちを考えられるような人間になりたいです。

                                  会田





2017年7月11日 仕事の「後始末」

後始末という言葉で、思い浮かべたのは、後片付けの事でした。
キャビネットの上で使用した物を片付けたり、水周りやブラケットテーブルを綺麗にし、基本セットを置くまでが、後片付けだと思います。
それが、次の患者さんをスムーズにお通しすることに繋がると思います。
忙しい時など、これを怠ってしまうと、時間のロスがうまれてしまうので、肝に銘じて効率よく行っていきたいと思います。                   石川

2017年7月 3日 たった十分の積み重ね

生活しているなかでやりたい事ややらなければいけない事がどんどん増えていきます。しかしそういった場面でも後回しにしてしまい後で後悔することも多々あります。
取り組んでしまえば案外集中できることもあるので、パッと思い浮かんだことはすぐに行動し意識を変えてから行動するよりもまずは行動することで意識を変えていければと思います。

                                      会田

2017年6月20日 優しさの詰まった点字ブロック

この文章を読んで、初めて点字ブロックの歴史を知りました。
まだ50年しか経っていないのに、驚きました。
発案者の方の熱い想いを、大切にしていかねばならないなと感じました。
つい最近の話ではあると思いますが、視覚障害の方がホームから転落されるというニュースがあったり、自分に何が出来るのだろう、あまり出しゃばらず、さりげなく手助けをすることが、出来れば良いなと思います。
                                      石川

2017年6月16日 紫陽花の季節

私たちにとって職場が土壌であるならば
患者様の健康な口腔内をキープする為の
土壌は、私達の患者様への向き合い方ひとつで変わると思います。

お口に悩みを持った方々が来院され、
ほとんどの人たちが歯医者で施術を
受ける事にたいいして楽しんでいらっしゃる
方はいません。
最初からマイナスイメージからのスタートであり
そんな中、私たちの接し方で患者さまを少しでもモチベーションを上げることが
出来ると思うといかによい関係性を作ることが、
患者様を健康な口腔内へと導くことが
できるのではないでしょうか。
歯科医院に少しでも楽しんで来院できる
きっかけになり通い続けてくれるように
なってくださるように、
私達も、相手の心に寄り添える対応を
心がけたいとおもいます。

佐々木


2017年6月12日 お客様目線で

コミュニケーションをとるなかでああ言えば分かりやすかったかもしれないと思うことがあります。
自分は一人ですが受け手の方はたくさんいます。お子さんから高齢者の方まで様々です。
詳しく説明しようとすると情報量が多くなり、全てが伝わらないこともあるでしょう。
コミュニケーションをとる相手の方のことも考え簡潔に分かりやすく、イメージがつきやすいように発信するように心掛けたいと思います。
                             会田

2017年5月30日 泣きたい時は泣けばいい

40代ぐらいになってから、映画は勿論ですが、テレビの動物ものなどは、号泣してしまいスッキリはするのですが、翌日に支障をきたしてしまいます。
この文章を読み、喜怒哀楽を出すというのは、改めて良いのだと感じました。
                      石川

2017年5月24日 卒業証書が入場券

自分一人が思ってたって
環境なんか変わらない
って自分なら思うだけで
何も行動に起こさないと事の方が
多い気がします

人の思いは時には周りを動かし
時代や歴史を変える事も出来るかも
しれません
それをするかしないかは
自分の小さな一歩や
強い気持ち次第であります。

松野歯科も世の中からみたら
小さな歯医者ですが
何かに取り組む時にも賛否両論あり
うまくいかない時もあるでしょう
その時も、自分の気持ちをしっかり
もつかもたないかでその先の行動や
結果が変わってくると思いました。

佐々木

2017年5月22日 仕事の勘所

勘所とは、外すことの出来ない大事なところ。肝心なところ。急所。の意味を持ちます。
どんな仕事においても必要な勘所はあると思います。
歯科衛生士では専門的な知識や技術はもちろんのことコミュニケーション能力も大切になります。それに加え周りの状況に目を向けることも必要ではないでしょうか。
勘所を押さえた仕事をしていきたいと思います。
                                会田

2017年5月10日 人の振り見て

気持ちに余裕がないと
相手の言葉や自分の気持ちにも
正直になれない時はあります
頭ではわかっていても
それを受け止められない時もあるでしょう
それは自分だけでなく相手にも
起こっている事もあります
そんな時、同僚や先輩が一言
伝えてくれる環境があるのとないのでは
働く上での学びや感じ方もずいぶんと
変わるのかなと思いました
嫌なことや腑に落ちない事なんて
働いていれば誰にでもあって
それを、自己解決してしまえば簡単な
こともたくさんありますが、
自分や相手にとってもよい環境を
作り出すためには、聞く姿勢を持てるか持てないかで周りとの関係性も変わってくるな
と改めて思いました。

佐々木

2017年5月 9日 クセをつける

確かに、最初が肝心で先輩に「基礎をちゃんと覚えておかない」と、後々大変になるよと言われた遠い記憶があります。
良いちょっとした癖を習慣づけるのは、とても良い事だと思います。
患者さんとの挨拶のあとに、会話のとっかかりとしてお天気のことをお話ししたり、後でメモを取ろうとしても忘れてしまうので、付箋に箇条書きしてみたり、その日の反省などは、寝る前にしていましたが、今日からはそうではなくテンションが上がる、良いことを思い出そうと思います。
                           石川

ブログ アーカイブ